menu

学校法人山鳩学園 ひがしはらようちえん

東原幼稚園は山形市の子育てに寄り添い、親子の健康と笑顔を育む幼稚園です。地域一番の園を目指します!

幼稚園のこと

東原幼稚園の取り組み

1.保育

東原幼稚園は温かい人間関係を基盤とした、少人数制・複数担任制が大きな特徴です。アットホームな環境で、禁止事項は限りなく少なくなるように、安全が確保された環境の中で、自由に遊ぶことが大切だと考えています。保護者の皆様も、お子さんも、安心して幼稚園生活を送っていただけます。 東原幼稚園は子どもが自由に遊ぶことを尊重しています。そして先生方はその遊びを援助しています。東原幼稚園では昭和の時代から山形大学の先生と連携し、この自由保育を取り入れてきました。東原幼稚園には山形市の自由保育を先導してきた歴史があり、今も日々、保育の研鑽に努めています。保育内容においては地域一番だと自負しております。

2.知らせてビューア

「知らせてビューア」というアプリを導入しています。スマートフォン・タブレットにアプリ「知らせてビューア」をインストールしていただきますとバスの所在地が一目で分かります。またご自宅など指定した場所に近づくと、アラームが鳴る仕組みになっていますので、たいへん便利です。詳しくは園にお問い合わせください。

3.ブログなどネットで子どもの様子を頻繁に発信

HPはもちろん、ブログやSNS(Facebook・Instagram)を活用し、園内の様子を積極的に発信しています。普段見ることのできない子どもたちの様子もたくさん見ることができると思います。ぜひ一度東原幼稚園のメディア類をご覧ください。

4.楽しい園庭

東原幼稚園の園庭は子どもたちが十分に遊び、友達関係を深めるのにはちょうどよい広さになっています。狭すぎると自由にのびのびと遊ぶことができません。一方広すぎると人の密度が薄いために子どもたちの関わりが深まらない・先生の目が届かないなどといった弊害もあります。東原幼稚園の園庭は、様々な工夫が凝らされています。坂はいつでも走ったり登ったりすることで体が自然と鍛えられますし、冬はそりすべりが楽しめます。坂の上には井戸が掘ってあり、自由に水を楽しむことができます。井戸から川が流れており、水の流れを感じながら自然な遊びが展開されています。中央にはシンボルツリーのカエデの木が植えられており、夏も涼しい環境です。大きな3階建ての遊具は、体を十分に使って遊べる様々は複合的な遊具です。どうぞ保護者の皆様も東原幼稚園の園庭を経験してみてください。

5.働いていても大丈夫

「働いていても幼稚園に通うことができるんですね!」ある保護者の方に仰っていただいた言葉です。東原幼稚園では預かり保育を行っています。東原幼稚園の預かり保育は朝7時45分から行っており、午後は保育終了後から18時まで行っています。1日あたり500円で行っていますので、働いている方も安心してお預けください。

6.安全に関する取り組み
ドライブレコーダー、シートベルト

東原幼稚園では、子どもたちが思いっきり遊べるように安全対策に力を入れています。園バスには、県内で初めて園児用のシートベルトを設置し、ドライブレコーダーも設置しています。万が一のことが起こった場合でも早急に、適切な対応を行ってまいります。 また、セコム契約もしており、火災時には火災報知機が鳴ると自動的に火災監視サービスにつながります。不審者が現れた場合には、非常通報サービス、園外で危険が生じた場合には、現場急行サービスを利用します。その他避難訓練や交通安全指導なども随時行っております。